• TOP
  • TOOLS
  • VB.NETライブラリ - テキスト入力コントロール

TOOLS

VB.NETライブラリ - テキスト入力コントロール

VB.NET標準の入力コントロールをカスタマイズし、テキスト入力に特化した入力支援コントロールです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

VB.NET標準の入力コントロールをカスタマイズし、テキスト入力に特化した入力支援コントロールをVisual Basic 2005、Visual Basic 2008、Visual Basic 2010の3バージョンずつご提供しています。
個人の学習や、趣味でのアプリケーション開発などにお使いいただけます。

ツールは無料でダウンロードできますので、是非ご活用下さい。
※商用利用はできませんので、商用での利用をご希望のお客様は、別途お問合せ下さい。

各バージョン毎に必要とする.NET Frameworkは次の通りです。

Visual Basic 2005:
.NET Framework 2.0以上
Visual Basic 2008:
.NET Framework 2.0以上
Visual Basic 2010:
.NET Framework 4.0以上

ツールボックスへの追加は、メニュー「ツール」-「ツールボックス アイテムの選択」、
または、ツールボックスを右クリック「アイテムの選択」から行います。
参照ボタンを押下し、ダウンロードしたDLLを選択して下さい。

テキスト入力コントロール(Risewill.Window.Forms.RWText)

System.Windows.Forms.TextBoxクラスを継承した、制限付テキスト入力コントロールです。
FormatやMaxLengthプロパティを設定することにより、特定の文字種のみを入力可能としたり、入力文字数を制限したりすることができます。

プロパティ名 I/O 説明
Format IO 入力を管理する文字列を設定します。
MaxLength IO テキスト ボックスに入力できる文字の最大数を設定します。
HighlightText IO コントロールがフォーカスを受け取った時に、テキストを選択するかどうかを設定します。
AllowSpace IO スペースを入力可能にするかどうかを設定します。
LengthAsByte O 入力可能な最大文字数をバイト単位と文字単位のどちらで処理するかを設定します。
ShowContextMenu IO コンテキストメニューを表示するかどうかを指定します。
XPropValue IO カスタムプロパティ設定画面を表示し、入力書式、および動作を設定します。(※書式ルールについてはプロパティ設定画面に記載してあります)

※上記以外のプロパティ、及びメソッドの仕様については、MSDNライブラリよりSystem.Windows.Forms.TextBoxクラスを参照して下さい。

バージョン履歴

ver. 1.0.0 2017/08/01 新規公開

免責事項

本サイトが提供している情報及びサービスはいかなる保証もされません。
それらの情報及びサービスを利用することによって生じるいかなる損害についても、当社は一切の責任を負わないものとします。

関連するツール