• TOP
  • TOOLS
  • VB.NETライブラリ - マスク入力コントロール

TOOLS

VB.NETライブラリ - マスク入力コントロール

VB.NET標準の入力コントロールをカスタマイズし、マスク入力に特化した入力支援コントロールです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

VB.NET標準の入力コントロールをカスタマイズし、マスク入力に特化した入力支援コントロールをVisual Basic 2005、Visual Basic 2008、Visual Basic 2010の3バージョンずつご提供しています。
個人の学習や、趣味でのアプリケーション開発などにお使いいただけます。

ツールは無料でダウンロードできますので、是非ご活用下さい。
※商用利用はできませんので、商用での利用をご希望のお客様は、別途お問合せ下さい。

各バージョン毎に必要とする.NET Frameworkは次の通りです。

Visual Basic 2005:
.NET Framework 2.0以上
Visual Basic 2008:
.NET Framework 2.0以上
Visual Basic 2010:
.NET Framework 4.0以上

ツールボックスへの追加は、メニュー「ツール」-「ツールボックス アイテムの選択」、
または、ツールボックスを右クリック「アイテムの選択」から行います。
参照ボタンを押下し、ダウンロードしたDLLを選択して下さい。

マスク入力コントロール(Risewill.Window.Forms.RWMask)

System.Windows.Forms.TextBoxクラスを継承した、書式付マスク入力コントロールです。
マスクパターンを設定することにより、データ入力書式を設定することができます。

プロパティ名 I/O 説明
Format IO このコントロールに許可される入力を管理する文字列を設定します。
PromptChar IO ユーザー入力がないことを表すために使用される文字を設定します。
Text IO コントロールに関連付けされた書式付テキストです。
Value IO コントロールに入力されたテキストです。
HighlightText IO コントロールがフォーカスを受け取った時に、テキストを選択するかどうかを設定します。
AllowSpace IO スペースを入力可能にするかどうかを設定します。
ValueIsFull O すべてのフィールドが満たされたかどうかを返します。
ClipMode IO クリップボードへのコピー方法を指定します。
ShowContextMenu IO コンテキストメニューを表示するかどうかを指定します。
XPropValue IO カスタムプロパティ設定画面を表示し、入力書式、および動作を設定します。(※書式ルールについてはプロパティ設定画面に記載してあります)

※上記以外のプロパティ、及びメソッドの仕様については、MSDNライブラリよりSystem.Windows.Forms.TextBoxクラスを参照して下さい。

バージョン履歴

ver. 1.0.0 2017/08/01 新規公開

免責事項

本サイトが提供している情報及びサービスはいかなる保証もされません。
それらの情報及びサービスを利用することによって生じるいかなる損害についても、当社は一切の責任を負わないものとします。

関連するツール